みさえで寺川

日常生活の中で、相手の行動を観察するのは自分ひとりでも可能ですが、言い逃れのできないような浮気の証拠を押さえるためには、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が失敗がありません。

それに、探偵に頼んだ場合には、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、豊富な経験にから様々なアドバイスをもらえるということも、貴重なことです。

探偵は依頼するのにお金がいりますから、自分ですればいいと考える奥さんもいます。

テレビのドラマでは何気なく尾行してますけど、実際にやってみるとそう簡単ではなく、相手に違和感を感じさせなく、尾行するのは並大抵のことではないのです。

変に思われてしまえば警戒されるので、浮気の証拠を押さえられなくなってしまうかもしれません。

誤魔化せない証拠を掴みたいなら、探偵を雇い、浮気調査をした方がいいでしょう。

飲食店などの領収証の記載には飲食時の同席者の人数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気をしていたと判断する材料になります。

さらに、クレジットカード使用時の支出については毎月きちんと目を通すようにします。

仕事で利用したのにビジネスホテルではなかったり、一人で宿泊したにしては高い宿泊費だったりしたら、浮気相手と宿泊した想像されてしまう事があります。

これと言って無いと言ってもよろしいでしょう。

双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような仕事内容は類似しています。

でも、違いをあげるとしたら、依頼は、企業や団体は興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。

立ち寄る場所がわかる機械を利用して、頻繁に行く場所を調査して、近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、いつかは来るはずですから、こちらに有利な証拠を掴めるでしょう。

懐具合が心もとないときには、GPSの機械で所在を調べるのも、様々なやり方の選択肢の一つです。

GPS端末が付けられていることが知られてしまう恐れもあります。

ケータイの通話履歴から浮気の証拠がつかめますね。

理由は携帯が浮気相手に連絡する手段として使われるのが当然だからです。

今やメール、または、LINEなど様々な方法で連絡をする事も多くなりましたが、やはり好きな人の声を聞きたい、話したいと思う可能性は十分あります。

ですから電話をする可能性も否定できないのです。

浮気調査で先ずすべき事は、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。

浮気しているか否かが不明瞭な場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。

不倫相手の存在が確かになれば次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。

パートナーの日々の行動を追跡したり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、パートナーと不実を働いている相手を確定させるのです。

せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、依頼者自身が焦ったりして、相手に余計な警戒心を与えてしまって証拠を残さないようにし始めたりして、失敗に終わる場合もあります。

探偵に依頼したからといって、いつも証拠が揃うと思い込むのはよくありません。

成功しなかったときの調査にかかった費用についても、契約書を作る際にしっかり打ち合わせをしておくことが大事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です